看護部(医療安全管理室)

医療安全管理室 看護部長 清野華代

看護部基本方針

1.倫理:相手の感情を受け止め適切な言葉で返す等、看護者としてより良い状態を心がける
2.医療安全:医療安全での5S活動やICTラウンドを実践し、医療安全を推進する
3.研修:クリニカルラダーの研修を基本として各キャリアが積極的に学習に取り組み自己の向上を図る
4.記録の充実:ケースの問題状況、ウエルネスな状況に対して、簡潔にSOAPで記入出来る

当看護部では、道順看護部長のもと、長年にわたり「患者様に寄り添う、人と人とのかかわりを大切にする看護」を提供してまいりました。
平成30年7月より、道順看護部長を看護顧問としてご指導いただきながら、私が看護部長の任を受け継いでいくこととなりました。
新元号に変わる2019年度も、看護部理念・看護部基本方針を受け継いで、より地域における当院の使命、当看護部のあるべき姿を考えてまいります。
地域に根ざした看護を提供していくためには、後輩の育成・ 看護の継続が必須です。
人を育てつつ、患者様の安全と安心を提供できるように、看護部職員全体が協力しながら、患者様に寄り添い人と人とのかかわりを大切にする看護を目指していきます。

看護部教育計画(一部抜粋)

新人・新入職者:
①当院について~当院の概要、組織図、病院理念と看護部理念・基本方針、医療安全について、感染対策指針について
②精神科看護の基本~精神科看護と法制、精神科看護の倫理、専門的知識・技術について、ECTについて、行動制限最小化について
クリニカルラダーⅡ:メンバーシップについて
クリニカルラダーⅢ:リーダーの役割について
クリニカルラダーⅣ(看護主任):メンタルステイタスイグザミネーション(MSE)について
プラチナナース(60歳以上勤務者):5S活動
クリニカルラダー・ドリーム(短時間勤務者):自己の役割を理解し、目標達成にむけた活動
クリニカルラダー看護補助者:看護補助者として必要な基本姿勢と態度について

院内研修会

医療安全・感染防止対策・褥瘡対策・医療機器関連、個人情報保護、NST関連、看護研究発表会など